顔 乾燥

顔の乾燥を解決したい!※原因とケア方法を5つずつ調べてみました

顔、乾燥

 

肌トラブルの多くの原因は、顔の乾燥が進んでしまうことです。

 

顔が乾燥してしまっている状態が長く続くと、肌荒れ・かゆみ、ひどい時にはヒリヒリとした痛みまで感じる場合もありますよね。

 

ここでは、顔が乾燥した状態になってしまう原因と、その対策について、詳しくまとめていきます。

 

肌が乾燥する原因トップ5!

 

@保湿ケアの不足

 

AUVケアの不足

 

Bエアコンの当たりすぎ

 

Cゴシゴシ洗顔をしている

 

D睡眠不足

 

@保湿ケアの不足

 

肌のうるおいを保つためのケアが充分にされていないと、新陳代謝が起こりにくくなってしまいます。

 

そうすると、肌の表面に古い角質がたまって硬くなり、肌がごわついてきます。

 

また、肌のくすみが目立つようにもなってきてしまいます。

 

結果として、ドライフラワーのようにかっさかさな残念な肌になってしまうのです。

 

AUVケアの不足

 

紫外線を浴びると肌に悪いとは、漠然と思っていますよね。

 

けれど、紫外線、中でもUV-A波は肌の表面を貫き、真皮にまで届いてしまうって、知っていましたか?

 

真皮は肌の弾力やハリを支える重要な部分。

 

ここにUV-A波が及ぶと、肌繊維に悪い影響を与えて、しわやたるみの原因になってしまうのです。

 

肌のキメが乱れることにもつながり、くすみや乾燥が目立つようになって、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

Bエアコンの当たりすぎ

 

夏の暑い時期に強い冷房、冬の寒い時期には部屋をできるだけあったかくして・・・と、現代人はエアコンに依存しているといっても過言ではありません。

 

職場でも家でも、そのような環境に長時間、身を置いていると、肌はカピカピに乾いてしまいます。

 

肌の水分量が不足し、皮脂膜も作られにくくなってしまいます。

 

顔が乾燥してつやが失われてしまったり、ひどい時には粉を拭いてしまったりという肌トラブルが発生することも!

 

Cゴシゴシ洗顔をしている

 

肌のアラが見つかると、まるでお風呂のタイルを磨くかのように、ごしごしと洗いたくなる気持ちはすっごくわかります。

 

ですが、早く何とかしなければと焦って、強くこするような洗顔を続けたり、タオルでごしごしと水を拭き取ったりするのはNG!

 

肌への強い刺激が肌表面を傷つけ、きめが粗くなってしまう可能性大。

 

肌の保護ができなくなってしまうので、肌に赤みが生じたり、皮がむけてしまうこともあります。

 

そうすると、メイクのノリも悪くなって、でこぼこ肌になってしまうこともあるから、気をつけましょう。

 

D睡眠不足

 

新陳代謝を良い状態に保つには、睡眠の質も重要です。

 

寝る直前までスマホやタブレットを観ている人はいませんか?

 

ブルーライトが脳を刺激して、睡眠の質を低下させてしまったり、単純に夜更かしで睡眠時間が短くなってしまうことも。

 

肌のターンオーバーがきちんとされなければ、キメが粗くなったり、くすみが生じたりして、肌につやや透明感が欠けてしまい、老けて見られてしまうかもしれません。

 

いますぐできる乾燥対策!

 

@ホットタオルでケア

 

Aクリームをプラスワン

 

Bカフェインのとりすぎに注意する

 

C食べ物で血行を良くする

 

Dストレッチなど、身体を動かす

 

それぞれを紹介します。

 

@ホットタオルでケア

 

たっぷりの泡で優しく洗顔した後、電子レンジで30秒から1分弱ほど温めたフェイスタオルを肌に乗せましょう。

 

※やけどしないように要注意!

 

このひと工夫で、肌は柔らかくなり、スキンケアに最適な状態に。

 

浸透力が高まり、化粧水などをぐんぐん吸い込んでくれます。

 

Aクリームをプラスワン

 

普段、化粧水の後の乳液でケアを終りにしていませんか?

 

夏場などで乾燥が気にならないなら大丈夫かもしれませんが、乾燥が気になっているなら、その後にクリームを塗るという1ステップを追加してみましょう。

 

肌に蓋をすることができるので、肌の表面からせっかく入れた水分が蒸発していくことを防げます。

 

Bカフェインのとりすぎに注意する

 

乾燥対策には水分補給も重要!と言いますよね。

 

美容のために水分を摂取することは大切ですが、その水分をコーヒーでとろうとしている人は要注意。

 

というのも、コーヒーなどのカフェインが入っている飲み物には利尿作用があるのです。

 

水分をとったつもりでも、すぐに尿として排出されてしまって、結局のどがカラカラになるということに気づいてない人も多いのです。

 

C食べ物で血行を良くする

 

肌荒れの対策の一つが、血行を良くすること。

 

血行が良くなると、身体の冷えやむくみを防止し、新陳代謝が良くなるんです。

 

血管内の血栓などの詰まりを溶かす作用のある納豆や、血を綺麗にする効果がある青魚などを、積極的に摂取しましょう。

 

Dストレッチなど、身体を動かす

 

仕事で椅子に座ってパソコンに向かったまま数時間・・・など同じ姿勢を長く続けると、血流が滞って身体にむくみとして現れることも。

 

疲れや肩こりの原因にもなってしまいます。

 

合間の時間に、適度にストレッチを取り入れて、少しでもいいから体を動かすようにしましょう!

 

乾燥対策には卵殻膜美容液がおすすめ。

 

いろいろな方法を紹介しましたが、やはり、毎日の保湿ケアは必要不可欠。

 

自分の肌に合った浸透力の高い化粧品を使って、毎日丁寧にケアしていきたいですよね。

 

そこで私がおすすめしたい美容液が、今話題の卵殻膜美容液の「ビューティーオープナー」!

 

卵殻膜の成分構成は、人の肌に近いので肌なじみが良く、吸い付くように浸透していくのが特徴。

 

使い始めてすぐに、一瞬で浸透していくのが体験できました。

 

次のページに私のレビューを載せているので、気になった人はぜひぜひ、参考にしてみてください。

 

 

また、ビューティーオープナーの公式キャンペーンで、初回分が半額以下で始められます。

 

期間限定でお試しサンプルももらえるので、こちらもチェックしてみてくださいね。

 

>>初回65%OFFで始められる安心の公式サイトはコチラ

 

.